Verbatimの歴史 -History-

1960年代

1969年

  • アメリカ・カリフォルニア州でReid Andersonが創業、ミニデータカセットの製造販売を開始
1970年代

1974年

  • 8インチフロッピーディスクを製造

1978年

  • 前商号であるInformation Terminals CorporationをVerbatimに改称

1979年

  • アイルランドのリムリック工場でフロッピーディスクの製造を開始する
1980年代

1981年

  • フロッピーディスクの月産100万枚を達成

1983年

  • フロッピーディスク 日本で製造販売を開始

1984年

  • 光ディスクの開発をスタート
1990年代

1991年

  • 世界初「3.5型(90mm)MOディスク」を発売

1993年

  • CD-ROMおよびCD-Rディスク、CD-R AZOテクノロジー、SRAMカードの導入

1994年

  • CD-R生産を独自技術のAZO系有機色素で開始 (世界で初めて銀反射膜を採用)

1997年

  • 世界初「CD-RW」を発売
  • DVD-Rの生産販売を開始 (AZO系有機色素)

1999年

  • 「DVD-RW」を発売
2000年代

2000年

  • 「CD-RWの高速製品 SERLテクノロジー」を発表

2001年

  • 世界初「DVD+RW」の生産を開始
  • フラッシュメモリー製品の販売を開始

2002年

  • 世界初DVD+Rを発売
  • USBドライブを発売

2004年

  • 世界初片面2層DVD+R DL (8.5GB) を発売
  • 青色レーザー対応大容量ディスクUDO (30GB) を発売

2005年

  • 世界初片面2層DVD-R for DL (8.5GB) を発売

2006年

  • 世界初片面2層8cm DVD+R DLを発売
  • 世界初片面1層HD DVD-R SL (15GB) を発売
  • 世界初片面2層HD DVD-R DL (30GB) を発売
  • 世界初片面2層8cm DVD-R DL (2.6GB) を発売
  • BD-R/REを発売

2007年

  • 世界初8cm BD-R / REを発売

2008年

  • 世界初 有機色素記録膜を採用したBD-R LTH TYPEを発売
  • Verbatimブランド製品を日本で発売開始
  • BD-R DL (50GB) を発売 (片面2層)
2010年代

2010年

  • LED照明を発売
  • BD-RE DL (50GB) を発売 (片面2層)

2012年

  • Solid State Drive (SSD) が発売

2013年

  • VxRGB LEDランプを発売

2014年

  • PLA & ABS 3Dプリントフィラメントの発売
  • BD-R TL (100GB) を発売 (片面3層)

2015年

  • M-DISCとコラボレーション 1000年保存できるメディアを発売

2016年

  • 光学ドライブを発売

2018年

  • 新しく防犯製品を発売
  • BD-R TL DSD (200GB) を発売 (片面3層・両面)

2019年

  • Verbatim 創業50周年を迎える
2020年代

2020年

  • CMC Magneticsの傘下に入る

ブランド理念 -Philosophy-

Verbatimは、記録メディアを中心とした製品の提供を通じて、「人と人、人とモノ、人とコト」との関係を、確かなもの、楽しいもの、豊かなものに変えていきます。

アイデアを分かち合う確かなツール

Verbatimが主に製品を展開するのは、映像やデータを記録する媒体です。これらは、個人が自分自身のために記録したものを保存するだけでなく、家族や仲間、同僚などと共有されるものでもあります。Verbatimは、メディア製品の提供を通じて、人々がアイデアをシェアするための架け橋となります。

そばにおいておきたくなる、よく考えられたデザイン

Verbatimの製品は、見た目の美しさだけではなく、ユーザーの使いやすさが徹底的に考えられています。ストレスフリーな使いやすさ。それは、毎日使いたくなる、使っているだけで心地よくなるデザインです。

エポックメイキングとなる技術を、カタチにする力

Verbatimは、記録媒体を材料から一貫して手掛け、光メディア創成期から技術革新をリードしてきました。 世界初の記録層の多層化技術の開発や、世界初のCD-RW、DVD+R、DVD+RW開発/販売など、常に新しい技術をいち早く製品化して提供 してきました。技術志向のブランドとして、これからも最新技術を開発しカタチにしていきます。

世界各地で磨かれ続けてきたNo.1ブランド

Verbatimは、現在世界で最も多く使われている光メディアのブランドです。アメリカで、ヨーロッパで、アジアで、アフリカで・・・、世界各地の厳しい要望に高いレベルで応え続けてきた結果、No.1ブランドとなりました。グローバルで磨かれた品質保証体制と、安定した供給体制で、安全・安心な製品をお届けします。

※記録型CD、DVDのブランド別販売数量2005~2009年、5年連続で世界シェアNo.1(米国調査会社Santa Clara Consulting Group調べ)

ジャパンクオリティで生産される信頼の品質

Verbatimの製品は、日本企業の厳しい品質基準のもと作られ、 厳しい出荷テストを生き残ったものだけが提供されています。これにより、お客様に安心してお使い頂けるのはもちろん、 流通の方々も自信を持って、Verbatimブランドをおすすめして頂けます。

すべての人にとって使いやすいものを

Verbatimは、写真用、長期保存用、プロフェッショナル用など、多くの用途に対応できる製品群を生み出すチカラがあります。Verbatimは、小さなニーズにもしっかりと向き合い、すぐれた製品を広く、多くの人へ届けていきます。

会社概要 -Profile-

商号
Verbatim Japan株式会社
所在地
〒101-0048
東京都千代田区神田司町2-15-4 第二進盛ビル5階
設立
2019年7月
資本金
5900万円
代表者
代表取締役 竹島秀治
事業内容
オプティカル製品、データストレージ製品、LED製品、アクセサリー製品、それらに関連する製品の販売事業、業務用・長期保存用光ディスクの販売事業
従業員数
12名
主要取引先
株式会社アイ・オー・データ機器
マクセル株式会社
株式会社アルメディオ
取引銀行
三菱UFJ銀行
東京スター銀行
親会社
関係会社