世界No.1の記録メディアブランド Verbatim

高品質プラスチック基板と高度な成形技術がエラー発生率を抑制

プラスチック基板の重要性

 ディスクのバックボーンともいえるプラスチック基板は、一見単なるプラスチックにみえますが、実は、高度な知見が必要とされる材料です。使用されるポリカーボネートと呼ばれるプラスチックは、他のプラスチックと比べて、硬く、変形しにくい性質をもっています。この「変形しにくい」ということが非常に重要で、ディスクが変形して反ってしまうと、さまざまな問題に発展します。反ったディスクに、データの書き込みをすると、正しくレーザーが照射されず、書き込みエラーを引き起こす原因になります。また記録がうまくできても、その後時間がたってからディスクが変形してしまうと、データを正しく読み込むことができなくなる場合があります。

こだわりの材料選定と成形条件

 三菱ケミカルメディアは、常に品質のよいディスクを提供するために、ポリカーボネートの材料選定に独自のこだわりをもっています。光ディスク製造のプロとして、プラスチック強度、経時変化などを厳しくチェックし、バーベイタム基準に合致したポリカーボネートのみを採用しています。また、それぞれの規格にあった成形条件を設定することにより、安定したプラスチック基板をつくることができます。これらのこだわりによって、お客様に長くお使いいただくための高品質な光ディスクをご提供することができるのです。